4

中学1年生 朝の取り組みについて

中学1年生の1日は読書から始まります。8時15分から8時30分までの15分間、自分の読みたい本を持参して読書をしています。その後、5分間で数学ドリルを行い、結果表にまとめてクラス掲示をしています。数学の力の土台となる計算力を養うのが目的です。

「毎日の忙しさの中でも、読書する時間を確保してほしい。」「また、これから数学の授業が難しくなっていく中でも、基本を大事にして欲しい。」

そういった教員の思いが形となった活動です。どの生徒も真剣に取り組んでいます。

 

1 2 3 4